ETC1000円に浮かれて、我が家もETCを搭載

数年前に、民主党に政権が変わったころ、ETC1000円でどこでも行けるらしいという話を聞き、ETCを付けることにした我が家。ETCカードだけは、ガソリンスタンドでクレジットカードを勧められて、そのついでに申し込んでいました。

 

さっそく近所のオートバックスで、一番安いETCの機械を取り付けてもらい、主人の実家の淡路島へドライブしてみることにしました。

 

それまでは、料金所ごとに現金を払い、特に須磨では渋滞が多かったので、ETCレーンをスーッと走り抜けられる爽快感、また小銭がないだの千円札はどこ?などのバタバタから解放されて、ETCもええもんやなあの感想でした。

 

ただし、大阪から淡路島はさほど距離はないうえに、半分は阪神高速なので、結局1000円というわけにはいかず、2500円くらいかかっていました。

 

この1000円の恩恵を受けなければと、今度は私の実家の東京まで車で行ってみることにしました。朝の4時に出発して、運転はほとんど主人が担当。渋滞にはまり、10時間を越えるドライブとなりました。

 

それでも、用賀の料金所を通ったときに「1000」の表示には、驚きでした。

 

ただし、ETCもクレジットカードと同じで、現金がなくても、すいすい通れてしまうために、あとからの請求でがっくりくることがあるので、お気をつけください。

ETCでの割引関連ページ

ETC一体型
最近ETC付帯機能も付いてますます利用価値が高まってきているクレジットカードですが、本当に便利なのでしょうか?いろんな人の意見を集めてみました。
年会費無料のETC付きクレカ
最近ETC付帯機能も付いてますます利用価値が高まってきているクレジットカードですが、本当に便利なのでしょうか?いろんな人の意見を集めてみました。
ETCで高速が便利
最近ETC付帯機能も付いてますます利用価値が高まってきているクレジットカードですが、本当に便利なのでしょうか?いろんな人の意見を集めてみました。